俳号について

当たり前ですが、火尖は俳号です。本名ではありません。
今日は俳号の話、俳号といえば、子規虚子、赤黄男、秋桜子、白泉、三鬼、あまり、草城などの、雅号っぽいのと、龍太、幸彦、直毅、ゆう子、敏雄、寛也などの本名系があります。現在では、若手を中心に後者の本名系が大勢を占めております。雅号系なんて流行らないんです。

しかし、私、火尖はご覧の通り雅号系です。だからといって時代に逆らうロックな男というわけではないんですが、ロックな魂は持ち続けようと思います。
まぁ実際俳号なんて、句を作る上では何の役にも立ちません。飯田龍太は俳句は無名がよろしいといいますし、藤田湘子の句に、

ゆくゆくは我が名も消えて春の雪

というのがあります。
じゃあ俳号は不要か?俳号にこだわるなんて意味のないことかといえば、尖は違う!といいます。

もちろん、俳号が良かったって直接いい俳句には結びつきません。有名俳人の句は出来が悪くても弟子や周りが勝手に褒めますが(この話題は第二芸術論にゆずるとします)

俺にとって俳号は何のため?
それはね、死んだときのためです。

虚子忌
三鬼の忌
赤黄男忌
VS
裕明忌
信子忌
幸彦忌

現代俳人で忌日俳句つくるとあまりに冴えないんですよ。
それは俳号が本名系だからだと思うんですよ。

俳号で俳句は決まりません。でも、俳号も詩たりえているのがカッコイイ俳人ってもんじゃないすかね。

火尖忌 火尖の忌。ほら、結構いけんじゃね?

しかし、当然現状ではまったくいけてない。
だって、これは俺が上手くなって有名になることが前提になっているから、今の俺を知る人が見たら嘲笑ものですもん。

でも、嘲笑されようが、馬鹿にされようが、これくらいの心意気がないと若手俳人として駄目だと思う。

やっぱり俺はロックな男ですか?

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/04/23(日)18:26

コメント

いいじゃないっすか~!
是非有名になってくださいよ!
本出たら買いますから。^^

そんな俺も、一度口に出したが為に、同窓会の度、”そういえばノーベル賞取るって言ってたのどうなったの?”と毎回友人から聞かれるヤツです^^;

2006/04/23(日)18:58| URL | マッスル軍曹(剛輝) #HfMzn2gY [ 編集]

軍曹さん、俺もそのパターンです。過去にも何度かやってしまった結構な大口派です。しかし軍曹さん、ノーベル狙いなされば?

2006/04/24(月)20:15| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる