スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

HAIKU DUNK

今日は俳句バージョンアップ活動の一環として漫画を描いてみた。
多少中二ぽっくした方が、面白いと思っているので、
尖の中の俳句世界は大爆発中である。

今すぐ見てもらいたいくらいなのだが、肝心の見せる方法が分からないので、困っている。
何となくブログではなくホームページを利用するような気がするので、とりあえず登録をしてみた。
あとは使い方を覚えて、スキャナで取り込んでアップするだけだと思うのだが、
履歴書書いたりと真面目なこともしないといけないので、少し時間がかかると思う。

俳句を何故広げたいのかについては明確な理由はない。とりあえず生殖と同じくらい分からない。
ただ、生殖と同じくらいの欲求なのだと思う。
そして、俳句を広めるその役目は、もはや俳句の手には負えない。それは俳句の魅力が下がったということではなく、誤解を恐れずに言えば単純にターゲットの感受性の低下によるところが大きいように思う。
つまり、良い俳句や新しい俳句などは、読むという選択肢の段階で、読者をある程度ふるいにかけてしまうので、俳句を強化しての俳句の普及はかなり難しいと思う。また、この方法は場合によっては、ターゲットのために、不本意な形でのすり合わせを余儀なくされることもある(おそらくお茶俳句などはその類だ)。この点を鑑みると
俳句を、現在ターゲット層に受け入れられている人気のフォーマット、人気の味付けを用いて浸透させるやり方の方が効果があると思う。
その代表格が漫画であり、青少年向けのストーリーものであると思う。
漫画も最近は訴求力弱まってきてるらしいけど、

スラムダンク→バスケ
ヒカルの碁→囲碁
ハチワンダイバー→将棋

のように、漫画がきっかけで認知度、競技人口ともに増えるというのは珍しくない。

ただ、尖が今書いているのは、
テニスの王子様もびっくりの俳句アクション目白押しなので、読むことがあるなら、ある程度いろんな意味で割り切ってもらえればと思う。

とりあえず、彼女さんに見せてみたのだが、
ものすごく面白かったらしい。

いつも尖の俳句には文句をつけるのに、漫画になったとたんこれだ。
まったくありがたけしからん。

アフタヌーンに持っていけば?って

まぁ確かにアフタヌーン的だよね、俳句。日当たり的にさ。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/02/05(木)19:10

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。