スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

黛まどかは俳句に何をもたらしたか ?

そうそう余談だけど(最初から余談って・・・)

ブログ上部に アクセス解析用のタグが並んでいるんですけど、
何人かすでに疑問に思っているかもしれないことを、尖も疑問に思っています。

西川火尖とか振れ幅とかなら分かるけど、何で越智友亮?

なんか自動で出るんですよ。上部のキーワードは。しかも固定みたいだし。
だから別にわざとというわけではないのです。

あと、この記事はB.U.819関連じゃないから。単に前から書きたかっただけなんで。

閑話休題(これが言いたかっただけです)

黛まどかって一体なんだったんだろうと考えている。俳人の彼女への評価は概して高くはないが、
句集「B面の夏」で颯爽とデビューし、普段俳句をやらない人を俳句に引っ張ったという点で、おそらく久々に成功した例ではないだろうか。
ちょうど黛まどかの著作「17音の交響曲」を読むことができたので少しまとめる。
まず、
彼女自身の俳句は、そんなに悪くはない。
つまり、当然、すごく良いということでもない。

彼女が名を上げたのは恋愛俳句においてであったが、
その恋愛俳句にしても、

夕立をかはす男のシャツの中  黛まどか

など、まぁ好きだけどね、こういう句も。尖も作るし。
ただ、こういった句群で魅了できるほど、90年代の若者は恋愛に飢えていたのであろうか。
もしこういった句の力だけで成功したのなら、誰か尖にタイムマシンをください。ちょっと行って来て、愛の伝道師にでもなってきます。
当然、彼女の成功の要因はほかにある。

彼女は俳句を知らない人たちの前で、ものの見事に俳句を黛まどか登場以前・以後に分けてしまったのだ。それまでの「古臭くてお堅い」俳句を「変えた」のは俳句素人にしか見えない若くてきれいな女性。そんな女性が俳句を現代的な恋愛ツールに「一新」するショーは大いに受けた。
しかし
俳人にとって俳句は古臭くも堅くもなく、
また、黛まどかの「恋のことも詠んでいいんだ」という「新発見」についても、何を今更というぐらいにしか受け止めなかったのではないだろうか。



参考、
吉田悦花 ヘップバーンな女たち

俳句的日常 閑話休題?

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句 | コメント(2) | トラックバック(0)2009/02/06(金)16:31

コメント

ヘップバーンなひとり^^*~

落椿踏んで式部の恋のあと  黛 まどか

襖絵の杜甫も李白も花の夜

天神の空まぶしくて梅ひらく

京ことば使つてみたき花の雨

貸し傘の花びら付けて戻りけり

花ひとひらふたひら君を忘れない

京扇子はるかな風を呼びにけり

今しがたまで待つてゐし白日傘

欄干の疵撫でてゐる朧かな

涼しさの貴船にすすぐ旅の衣

この寺の冬が好きだと聞いたから


 風待草ソラで奏でる俳句かな  素光


火尖さん、どんどん書いてどんどん創りましょう!!


2009/02/11(水)17:48| URL | 素光 #- [ 編集]

貸し傘の花びら付けて戻りけり

欄干の疵撫でてゐる朧かな

この寺の冬が好きだと聞いたから

この三句と
炎環今月号の素光のレインコートの句はいいですね。
好きです。

そうそう、前の二次会で書きたいって言ってたやつです。次回は俳句の入口と黛まどかについてです。

2009/02/12(木)00:12| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。