花粉の夜の中野かな

五七五で振り返る亜夜句会

七時から中野で句会楽しいな
頼まれし花粉症薬買っていく
新宿で薬を渡し急ぎけり
降りて白き花粉の夜の中野かな
道迷いきれいな商店街に出る
亜夜句会少し遅れてすいません
注文す一番安いから紅茶
一杯がそれでも五百円超える
七人のうちのひとりは初参加
その人の名を何回も間違える
ギリギリで考えてきた句を変える
A3にびっしり並ぶ五十余句
職問われ未だ求職中と言う
その話まだ若いからでいつも閉づ
句を選びはじめて急に静まれり
五句の内特選一句迷わずとる
開票の時計まわりに始まれり
五十句目に点の片寄る句会かな
実は尖も特選にした五十句目
おっこれは尖もそこそこ点入る

スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/03/11(水)00:01

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる