スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

平行線観測

俳人は分かる分からないなどの「評価」を好んで使う。

厳密にはこれは評価ではないだろう。

そして分からないといわれる句は、ようはこんなもの俳句ではありませんといわれているようなものなのだけど、
作者の投げかけに答えるのは読者の仕事でもある。
俳句は読者の仕事量が他の表現形式と比して異常に多い。

映画は見るだけ、漫画は読むだけで「分かる」

まさか、俳句にもそれを期待しているのだろうか。
分からすこと、伝えることは言葉の使命ではあるけれど俳句のそれではないと思うんだけど?

分かる句ばかり読んでいては、作者としての詩情は枯れないのだろうか。
尖は枯れそうです。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
立ち位置 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/08/21(月)23:50

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/08/23(水)05:17| | # [ 編集]

No Subject

すいません今気付きました。コメントありがとうございます!聴かれたんですね。あまり上手いとはいえない歌と文学的な詞がもうかなり好きなのです。
ようやく調子がでてまいりまして、尖は俳句をやっていけそうです。ハイクブログでまたあいましょう。

2006/08/29(火)03:24| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。