含有感情

俳句を作りたくなった。

劣化する記憶よ声よ桃に刃を

秋雀昨日と同じ服が楽

他ならぬ金木犀の夢をみし


なぜ、作りたくなるのか?

以前は、音楽を聴いたり、がメインだった。溜まったものを外に染み出させて平衡を保っていた。
俳句という方法を覚えてしまってから、
なんだか心に小さい空気穴ができた気分。
「呼吸と同じ」なんて気取ったこと言うつもりはないんだけど、
一番、直接的で有害じゃない捨て方だと思う。
ほんの少しだけ、内的なものを加えて、濃度が濃いと毒だから、ほんの少し。そんな俳句。

それを俳句の世界では「主観」だとか言うのか?
とりあえず、「違う」といってみることにした。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
作品 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/09/23(土)01:33

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる