スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

琵琶湖疎水

蝶といふその遥かなる立眩み

夏近し一枝川面への重み

ブランコよこんな揺れては寂しいぞ

府立図書館の近くは京都でもかなりの観光地で、俳句作りとしては整いすぎて中々厄介なところです。しかし、それでも疎水を上って行くと、鴨の子が流されつつも泳いでいるのをみたり、蝶が横切っていったりと、まぁ部屋でパソコンたたいているよりは多くのものを見せてくれるわけです。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
作品 | コメント(5) | トラックバック(0)2006/04/28(金)22:15

コメント

五月の風

尖ちゃん・・おはよ~^^♪
一句目・・とっても共感でき、すきな句です・・・
蝶の設定・・立ち眩み・・
・・すっと心に入ってくる句です・・いいな・・

今日から五月・・いい風を呼び込もうね~vv♪

2006/05/01(月)09:23| URL | おーどり #- [ 編集]

ぜ、税金対策

おはようさんです。実は一句目かなりの手ごたえを感じました。感覚系の作品は作るのも読むのも好きなんです。ただ一句目は原型で、推敲句の方が完成形なんですよ。「その」がちょっと字数合わせで使っていたので。良かったら見てください。ハイクブログに置いてます

2006/05/01(月)13:13| URL | 火尖 #- [ 編集]

うっかり・・うっとり

失礼しましたvv;ハイクブログを見ずにこちらにコメントをしていました。みらパパさんのコメントに大きく同感・・素敵な句ですね・・・vv♪(モトの句も好きです・・)

2006/05/01(月)17:15| URL | おーどり #- [ 編集]

り、林檎泥棒

う、うれしいです。す、少し整いすぎているんじゃないかとい思いもありますが、

2006/05/04(木)11:45| URL | 火尖 #- [ 編集]

jfh

太字の文斜体の文v-174v-49v-91

2006/06/13(火)22:45| URL | bfb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。