選択肢切断

試験に落ちた場合、今年より更に不利になることを覚悟して再挑戦するのか、すっぱり諦めて、制約線の範囲で暮らすのか選択を迫られる。
再挑戦を選べば今以上に厳しい現実と戦わなければならない。諦めを選べば、今の仕事に合わせて、交友関係を自ら絶ち、今以上の後悔や劣等感に耐えて、できるだけ人目のつかないところで息を潜めていかなければならない。既に職業をごまかして生きているけど、これがどれほど辛いか、精神的ホームレスのような惨めさと言えば幾分伝わるのか、とにかく諦めるなんて絶対にありえないっ。

若い頃、仕事は収入のためだけのものだと考えていたけど、社会人にとって仕事は人格や行動、社会における位置を規定するものだったようで、今更遅いよ。

当時は知らなかった。でも知っていたとしても実感はできなかっただろうけど。

足りなかったものを得るという意味では無駄ではなかった。それに再戦か断念かで言えば、絶対に再戦を選べるようになったのもこの仕事のおかげだ。

改めて試験に落ちた場合、再戦か再戦相当の挑戦を選ぶ。

スポンサーサイト


雑感 | コメント(3) | トラックバック(0)2010/06/01(火)11:16

コメント

頑張って下さい。

2010/06/01(火)20:34| URL | 296カンパニー #- [ 編集]

悔いのないように、頑張って下さい。

2010/06/01(火)20:35| URL | 296カンパニー #- [ 編集]

ありがとう。わるいねいつも何か書いてくれて

2010/06/01(火)20:57| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる