計量

あくまでも問題集ベースの話だが、憲法、民法、行政法は8、8、9.5割くらいの正解率。憲法にムラがあるのが心配。行政法は仕上がった。
経済は基本的なものは押さえてあるが揮発性高し。飛びそうなのを両手で抑えこんでいる。テキストは全問解いたが、本番で7割超えれば及第だろう。
数的、判断推理は5から6割がいいとこ。それも立体図形以外で見たことのある問題を取りこぼさないことが条件。
文章理解はもう天稟(笑)があるとしかいいようがない。解くより合わせるという感じのときは外さない。風向きによるが8割以上見込んでいる。
時事は学習初期段階に固めたものの解凍と、新知識の追い込み。全体に絡んでくるので、時事の仕上がりが当日の出来を左右することになると思う。
政治学、行政学は9割超で安定。あとは時事と関連付けながら見直しを二回しくらいする予定。
生物、日本史、地学は突貫。
論文試験対策は模範答案の読み込みしかしていないが普段からの問題意識で十分対応できるはず。

今回倍率がやばいことになってるけど、それでも、民間は今の仕事がハンデになってしまうから、公務員が一番可能性が高いことになる。あと20日。まだ余地がある。可能性を搾り上げていくしかな

スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/07(月)12:06

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる