スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

瓦礫を踏む楽しさ

あけましておめでとうございます。
去年のことはもういいのです。停滞と嫉妬と何かもうそんな感じだったでしょ。
十年前に戻りたかったのが去年。今年は十年後を守るということで。
振れ幅も今年一年は本音とは程遠いところで展開します。
ある意味、やりたかったことを目指す。
無意味な明るさには元より無縁だけども、

例えば年明けにブランキーを聴くようなそんな試み。
人を値踏みしてばかりの連中だって、耳の中までは分からないだろうし。

そうそう、新年詠を週刊俳句に出しています。
では、今年もよろしくお願いいたします。

毛の生えてゐる細胞の三日かな  火尖

野の兎何となくでは振り向かず

スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/01/03(月)07:45

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。